【新型コロナ】特別定額給付金を狙う詐欺に注意!

スポンサーリンク

特別定額給付金とは

4月16日から続く緊急事態宣言下で、簡素な仕組みかつ、迅速かつ的確に家計への支援を行うもので、4月27日時点で住民基本台帳に記録されている方を対象に1人につき10万円が給付されます。

給付のための申請は各市区町村から郵送される書類あるいはマイナンバーカードを持っていればオンラインでの申請が可能です。

給付金を狙う詐欺

残念ながらこの給付金を狙う人も少なからず存在します。

ここでは給付金を狙った詐欺の手口としてどのようなものがあるのかを紹介しますので、詐欺に遭わないための知識としてご活用ください!

・マイナンバーや暗証番号は絶対に教えない!

給付金詐欺注意すべきポイント

給付金詐欺の手口として、

  • 市役所への申請手続きを代行する
  • 給付金10万配布につき、お客様の所在確認

などのメールが送られてくるようですが、今回の給付金に関してメールをはじめ個別訪問や電話が来ることは基本的にありませんので、まずは詐欺を警戒してください

市区町村や総務省が以下のことを行うことは絶対にありません
 ATMの操作をお願いすること
 ・給付金の需給に当たり、手数料の振込をお願いすること
 ・メールを配信してメール内のURLから申請の手続きをお願いすること
 
出典元:警視庁犯罪抑止対策本部公式Twitter

もし、怪しいなと思ったら

新型コロナの影響で早急に給付金が必要な方が多いかもしれません。それでも怪しいなと少しでも感じたら、まずは相談することを優先してください。その際の相談先は下記のどこでも問題ありません。

 
・お近くの警察署
・お住まいの市区町村
・警察相談専用電話:#9110
・消費者ホットライン(局番なしの3桁):188
・新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン:0120-213-188

最後に

給付金は私たちの家計を助けるものです。申請が面倒だからなどを理由に申請のを代行するという誘いに乗らず、信頼できる方や各市区町村等に相談しつつ申請しましょう!

コメント