【テレワーク】本当に買うべきコーヒーメーカー

会社で挽きたてコーヒーを味わい、一息つく。職場ではそんなことが些細な楽しみだった人は多いのではないのでしょうか?私もそのひとりでした。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務の機会が増えている今、妥協なしの本当に美味しいコーヒーを自宅でも淹れることができる最新コーヒーメーカーを紹介します!

スポンサーリンク

オススメはカプセル式コーヒーメーカー

コーヒーメーカーにはいくつか種類がありますが、断然カプセル式が良いです!
なぜなら美味しいからです。ただそれだけ、しかしそれだけで十分なはずです。

実際は美味しいだけではなく、仕事中に気軽に楽しむのに一番適しているからです。
例えば、ミル付きのコーヒーメーカーは挽きたてなので美味しいのですが、豆を挽くときの音が大きく、製品によっては近所迷惑になるのでは?と思うほどの音量のものもあります。

一方でカプセル式のコーヒーメーカーは既に豆が挽かれており、あとは抽出するだけなので、静かに楽しむことができます

挽きたてではないではないか!とお叱りを受けるかもしれませんが、ご安心ください。カプセル式コーヒーメーカーの市場は日々成長しており、技術も進化していますので、挽いた直後の香りを保ったままカプセル化しているので淹れたてのコーヒーの香りと遜色ありません。

さらにカプセル式の一番の強みは様々な種類の豆を気軽に試せることにあります。
集中して作業したときは芳醇さ香るコーヒーを、食後にはさっぱり飲めるコーヒーをとその時々で自由に決めることができます。

さて、前置きが長くなりましたが、私がオススメするコーヒーメーカーを紹介していきたいと思います!

DRIP POD3 UCC上島珈琲

世界初の缶コーヒーを生み出したことでも知られるUCCですが、カプセル式コーヒーメーカーにも力を入れており、最新作DRIP POD3の最大の特徴はプロのハンドドリップの技を再現したドリップ抽出にあります。

カプセル式ながらもしっかりと蒸らすことでき、本格的なコーヒーを淹れることができ、その味は本物志向のUCCだからこそ出せる味と言って過言ではないと思います。

また、コーヒーの抽出方法もポイントで「抽出の速度」や「蒸らし時間」などをボタンひとつで調整できるため、その日の気分によって味を変えることができ、使う人の一番好きな味を出すことができます。

アレンジの幅はコーヒーだけに留まらず、紅茶やお茶もカプセルで楽しむことができます。

特に静岡煎茶は生産者の方と試行錯誤して生み出した味であり、決してコーヒーのおまけなどではなく、非常に完成度が高いものになっています。

プロの技を再現したドリップ抽出方法を採用
・抽出速度や蒸らし時間をその日の気分に合わせた味にアレンジ可能
・コーヒーだけではなく本格的な紅茶やお茶も楽しめる

VERTUO(ヴァーチュオ) ネスプレッソ

ネスレが展開するコーヒーマシンシリーズのネスプレッソは家電量販店などでもよく見られるかと思います。

そのシリーズの最新作であるVERTUO(ヴァーチュオ)はこれまでの抽出方法とは一線を画す手法である遠心力抽出を採用しており、それにより生み出される「クレマ」がこの商品の最大の特徴です。

遠心力を用いた抽出する過程で、空気を含みながら抽出されたコーヒーは厚い泡の層となりコーヒーの味わい方の幅を広げ、よりコーヒーの香り楽しむことができます。

また、このVERTUOにはもうひとつ最新技術が採用されています。それはカプセルごとの最適抽出です。

VERTUO専用のコーヒーカプセルの裏には固有のバーコードが記載されており、遠心力抽出の際に回転させたカプセルのバーコードを読み込み自動でカップサイズ、回転数、注入湯量、湯温、蒸らし時間を調整してくれます。

この機能により誰でも簡単に美味しいコーヒーを楽しむことができます。

・これまでの抽出方法と一線を画す遠心力抽出を採用
・コーヒーの香りを包み込んだ芳醇なクレマと一緒にコーヒーを楽しめる
・カプセバーコードを読み取り自動で抽出方法を調整

結局、どっちを買うべきか?

味は両方とも美味しく正直なところ甲乙つけがたいので、コーヒーをどのように楽しみたいかが判断ポイントになると思います。

やっぱりコーヒーはドリップで、湯温や蒸らし時間にはこだわりがあるという方は、自分で淹れ方を調整できるUCCのDRIP POD3がオススメです。

一方で、コーヒーを手軽に飲めて尚且つ全く新しい抽出方法を試してみたいという方はネスプレッソのVERTUOがマッチすると思います。

どちらを選んでもお家でコーヒータイムは豊かになること間違いなし!なので一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント