【2020年度版】まだ間に合う梅雨対策グッズ

今年も梅雨の季節がやってきました。
梅雨の時期に入ってからは雨がいつ降るのかを気にしながら生活しないといけないので、気が滅入ってしまいますよね。

ここでは、そのような悩みを払拭できるオススメグッズを紹介していきます。
これらがあれば、別に雨が降ってもナイーブになる必要はありません!

スポンサーリンク

今年の梅雨はいつまで?

今年の梅雨は本土においては6月末から7月までと予測されておりますが、雨量は梅雨明けまで油断はできないとのことです。

また、お隣中国では6月に入ってから豪雨が続き、重慶では80年に1度と言われるほどの大洪水が発生しているようなので、日本においても単に梅雨の季節だからと思うだけでなく、災害に対しても常に意識しておく必要がありそうです。

今年の梅雨にオススメするグッズ

スライドカバー付き傘

傘の先端にスライド可能なキャップを装着することで、傘を折りたたんだときに水滴が表面につくことを防いでくれるため、電車内で他の人に傘の水滴を付けてしまったという失敗も避けることができます。

また、カバー内に溜まった水はキャップの先端を外すことで水を排出することができます。

水滴の悩みを解決してくれる折りたたみ傘

傘についた水が滴り落ちて足元に水溜まりができてしまう、そんな悩みとももうおさらばできます。

Kjaroの折りたたみ傘は専用のケースに入れることで水滴をシャットダウンし、ケース内に溜まった水は後から排出することができます。

Kjaro Umbrella:https://www.kjaro.it/

傘でも防ぎきれない足元にはシューズカバーを付けよう!

雨が降って一番嫌なのは足元が濡れることだと思います。特にこの時期は蒸れるため、足のにおいが大変なことになることも。。

シューズカバーがあれば、足元への浸水を防ぐことができるためオススメです。

コメント